地獄を見た!消費者金融から金を借りた俺の末路

増額について

増額、さらには金利の変化についてはまずは金利の変化から、金利の変化に関しては先に話した過払い返還訴訟の前後で変わりました。それ以外は一度も変わっていません。
それまでは出資法の上限金利で、そして過払い返還訴訟で消費者金融業界の旗色が悪くなってくると金利を出資法の上限から賃金法の上限金利に変更したのですが、それ以外では金利変更は一度もありませんでした。
キャッシング業者にとっては金利は利益になる部分ですからそれも当たり前と言えば当たり前ですよね。
ですが増額は何回も行なわれました。
合計四社からの借入でしたが、初めは10万円、20万円が利用限度額でした。
それが最終的には全て50万円まで借りました。
時期はランダムでしたが、定期的に増額の案内が届けられたのです。
その都度、自分自身は「使えるお金が増えた」としか思えなかったのが今にして思えば情けない話でしかないのですが、そのうち利用限度額増枠のお知らせがちょっとしたボーナス感覚のように思えてしまったのです。
決して良い事ではないとは「今だからこそ」解かる話なのですが、当時は借金がどのようなものなのかといった部分の理解が不十分でしたので、「増枠=使えるお金が増える」としか考える事が出来なかったのです。

-地獄を見た!消費者金融から金を借りた俺の末路
-

Copyright© キャッシング 消費者金融の特徴 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.