地獄を見た!消費者金融から金を借りた俺の末路

モビットは…

職場への電話。それは今思えばなのですが演技のような気がするんですよね。
職場でその事も話題になりませんでしたし。
一応お客の前で「職場に電話した」という事を演出したかったのかもしれませんが、その時は「お金を借りるためには仕方ない…」といった割り切りで目の前の担当者の姿を見ているだけでした。
また、三社目のモビット場合はインターネットからの申込みでした。インターネット上にあるモビットのホームページを確認。
そこから申し込みをしたら後日電話がかかってきました。そこでの質疑応答は簡単なものでしたね。
その電話後、二週間程度でカードが郵送されて来ました。
そしてそのカードで簡単にキャッシングを行なう事が出来てしまったのです。
審査はあったのでしょうが、書類に明記したデータで審査を満たしていたという事なのでしょう。
今では信じられないかもしれませんが、当時は複数社からお金を借りていてもこのような形でお金を借りる事が出来るカードを持つ事が出来た時代だったという事なのでしょう。
このようにとても簡単にお金を借りる事が出来てしまったからこそ、自分自身の「借金」の意識が希薄だったとのかもしれません。
事実、この時点であっても自分が多重債務者だとさえ思っていませんでしたから。
むしろ、こんな簡単にお金を借りる事が出来てしまうのかと思ってしまった部分の方が強いですね。
何かあればまたどこかで借りれば良いとさえ思っていましたから。

-地獄を見た!消費者金融から金を借りた俺の末路
-

Copyright© キャッシング 消費者金融の特徴 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.