外為オプションのレンジ外の注意点

外為オプションのレンジ外の注意点

バイナリーオプションを始めようとして情報を収集し、有利になりやすいサービスを見繕っていった結果、ペイアウト倍率が高く、取引回数が多い証券会社が良いという結論に達した方が選ぶ証券会社といったら、おそらくGMOクリック証券ではないかと思われます。

 

こちらではペイアウト倍率が2倍、1通貨ペアで236回の取引が1日に行え、4通貨ペアで最大944回という非常に豊富な取引回数がよういされており、取引のルールもわかりやすいとあって投資家からも絶大な人気を誇っています。

 

バイナリーオプションの性質上、このペイアウト倍率と取引回数は非常に魅力的であり、GMOクリック証券は見逃すことのできない証券会社だと言えるでしょう。

 

 

しかしGMOクリック証券でも注意すべき点があります。

 

外為オプションには「レンジ外」という制度が設けられており、これは設定範囲外にまで達してしまった取引では投資家側にペイアウトが行われないというもので、一方的に証券会社が勝つことのできるレンジのことを言います。

 

基準レートから±0.008程度の範囲で、時間帯や通貨ペアによっても異なりますが、基本的には取引が活発でボラティリティが高く、人気の通貨ペアほど範囲が広く設定されているのが特徴です。

 

 

GMOクリック証券では最大で944回の取引が行えますが、そのうち、平均で50〜70回程度がこのレンジ外で終了となることが多いようです。

 

確率にして6〜8%と、決して高い確率で発生するものではありませんが、勝率を削られることにもなりますので、注意が必要となります。

 

 

このレンジ外制度はバイナリーオプションと言えども簡単には利益を上げることができなくするものですので、ここでもやはり戦術を50%以上のものにする手段を講じることが求められてくることになります。