バイナリーオプションの戦略3

バイナリーオプションの戦略3

シンプルな取引が魅力のバイナリーオプションでも、ファンダメンタル分析を用いた戦略的投資判断は勝率の高い取引を行える方法の一つとして考えることができます。

 

経済指標の代表的存在でもあるアメリカの雇用統計などを利用するのが特にオススメです。

 

 

アメリカの雇用統計に限らす、各種経済指標の発表は、その内容、あるいは数値が良いか悪いかによって市場動向に対して一定の方向に流れを作ると言った性質を持っています。

 

また経済指標を発表する前に予想値が出されることがありますが、この予想でも同様です。

 

流れが生まれる傾向にある、というレベルの話ではありますが、通常よりも読みやすく、利用することで勝率を大きく伸ばすこともできるので、ぜひ参考にしてみるべきでしょう。

 

 

こうした経済指標の予想値と、実際の発表内容が組み合わさることで生み出される流れというものは瞬間的なものではなく、数日〜数週間程度継続することもあります。

 

例えばアメリカの雇用統計ではその数値が伸びた場合にはドル買いが多くなり、逆に悪ければドル売りが進行しますが、この数値が予想値と実際の結果で大きく離れている場合などでは売り買いの流れが続く時間も長くなることが多いのです。

 

 

実際の戦術としては予想値を基準として統計の発表があったらすぐに情報を仕入れて、作られた流れに乗るといったものになり、流れに乗って取引を繰り返すだけで高い勝率を維持したまま利益もどんどん大きくしていくことができるようになります。

 

注意点としては、こうした経済指標が影響した市場変動は数値の変動に起因したものであることから、数値に変化が少ない場合では流れが形成されにくくなる点にあります。

 

市場への影響が大きい雇用時計でも限定的な動きにとどまって、思ったほど結果が出ないこともあるので、準備をしておくのは大切ですが、確実に利を得られるとは限らないとも考えておくのが良いと言えます。

 

 

このようなファンダメンタルによる戦術の組み立てもFXなどでは盛んに取り入れられてきた方法ではありますが、やはりバイナリーオプションでも有効となるものだということになります。

 

同様に窓開け・窓埋めや5・10日の取引でも一定の方向への流れが形成されやすいといったことから、時間帯や日付によって利益を上げやすい時間帯というものがあるのです。

 

そうした時間的要因をうまく利用することで勝率を上げ、利益につなげやすくすることもできると言うことなのです。