バイナリーオプションの戦略1

バイナリーオプションの戦略1

投資には様々な戦略があり、またその判断も多様に存在しますが、バイナリーオプションで勝率を上げるために取るべき戦略とはどのようなものになるのでしょうか。

 

 

FXでは相場の流れに沿った取引を行う「順張り」、そして相場が反発することを予測して流れとは逆方向にポジションを取る「逆張り」とが戦略としてよく使われますが、ことバイナリーオプションでは「逆張り」がシステムの性質上、相性が良いことが多くあります。

 

 

バイナリーオプションでは取引開始から判定までの時間があるために、決済まで時間がかかるという性質があります。

 

いわばタイムラグであるこの性質を利用して、市場が過熱した相場である場合では、ある程度のタイミングで反発が起こり、現状から一気に逆方向へと流れるという予測を立てて、トレンドとは逆方向のオプションを買います。

 

過熱したトレンドで大きく値動きが起こると、その後の戻りも大きく動きますので、判定時刻までに反発が起こる可能性は高く、トレンドという流れに逆らった逆張りが有効になるケースは少なくありません。

 

トレンドの形成を読み取ることができさえすれば、この方法は非常に高い勝率で取引を成功させることが可能です。

 

この逆張りを狙う場合、テクニカル分析ではオシレーター系の分析が効果を発揮しますので、ボリンジャーバンドが役に立ちます。

 

 

またレンジ相場もトレンドを利用することで予測しやすくなります。

 

トレンドの発生時点からの値動きを見ることで、予想される反発の戻り具合もその値動き分は動くと読みます。

 

後は同じく逆張りして、値動き分の予測にあったオプションを買えば、判定時刻までに反発してそのレンジに収まるかどうかを見届けます。

 

このレンジ相場ではレジスタンスラインとサポートラインの線引きを行うことでより読み取りしやすくなります。

 

ただしトレンドを読み取ったり、またはその発生を感知できることが前提でのテクニックとなっている点には注意が必要です。

 

 

このように、バイナリーオプションでは特に逆張りでのオプション購入が戦略としてもオススメと言うことになります。

 

もともとが上がるか下がるかを予測するというものであることから、わずかでも該当方向に動きさえすれば勝てる可能性が一気に上がるので、FXでの裁量トレードでの逆張りよりも勝ちやすくなると言ったところに、この方法の大きな魅力があります。