バイナリーオプションはFXのリスクヘッジとしても使える

バイナリーオプションはFXのリスクヘッジとしても使える

FXと同じく為替相場を利用して取引を行うバイナリーオプションならではの方法として、FXでのリスクヘッジとして活用するという手段があります。

 

特にFXでの裁量トレードを行っている人にはうってつけの方法ですので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

FXのリスクヘッジとしてのバイナリーオプションではFXで発生した損失を相殺する、あるいは取り返す手段として用います。

 

 

一例として、米ドル/円での取引でFXでは価格が100円の時に101円でポジション解消を狙い、ストップを99.50円と設定した場合、バイナリーオプションでは正反対のLowポジションを取得してFXでのストップで発生する損失額と同等分の利益が出る資金を投じます。

 

これにより、FXで狙いがはずれてストップが機能し、損失が発生したとしても、バイナリーオプションでは的中しているため、FXの損失金額と同じ分だけの利益が上がることになり、差し引きで0円という結果になります。

 

逆に、FXでの読みが的中していた場合ではバイナリーオプションの方は損失となってしまいますが、その損失金額は投じた金額分だけと言うことになり、FXの利益が上回るため、差し引きでもプラスにすることができるということになるのです。

 

この方法ではFXで負けた場合での保険としてバイナリーオプションを機能させることでリスクを大幅に低減させ、勝った場合でもきちんと利益を残すことができるようになるというわけです。

 

 

注意点としてはFXとバイナリーオプションの決済時期を同じタイミングで行わなければならないというところです。

 

同時期での決済にしなければ管理が複雑になり、せっかくの保険としての機能が損なわれるという、全く別のリスクを生みかねないからです。

 

 

また証券会社もできるだけ同一にしておくと便利に扱うことができるでしょう。

 

FXに加えてバイナリーオプションの取り扱いもある証券会社を選んでこの手段を講じることをオススメします。