トレードのやり方

トレードのやり方

Simple is bestとはよく言ったものですが、それでも一定のルールはありますので、バイナリーオプションでも取引の方法などをきちんと学んだ上で臨まなければ思い通りの投資を行うことはできません。

 

トレードの方法などに関しては証券会社によっても異なるので、それぞれよく理解しておく必要があります。

 

 

まずは具体的な取引のルールに関してですが、日本でのバイナリーオプションでは特に3種類のルールがあります。

 

所謂ゼロサムと呼ばれる取引での大まかな取り決めはいずれも変わりありませんが、予測するものの内容に違いがあるのです。

 

 

ルールはそれぞれ、最も単純に設定金額を超えるか下回るかを予測する「High/Low」、判定時間内に設定金額に一度でも到達することができるかどうかを予測する「ワンタッチ」、そして値動きの幅が一定の範囲を超えるかどうかを予測する「レンジ」に分けられます。

 

このうちレンジは市場変動の波を読み解くことになるため、基本的にはレートの値動きが緩やかな時に効果的だと考えるのが一般的だとされます。

 

 

さらに取引を行うことのできる取引時間と、取引の勝敗を決定する判定時刻も証券会社によって設定がまちまちです。

 

取引時間は最短5分から、長いもので1週間程度を設定されているものまで様々です。

 

どんどん取引を行いたい場合にはより短い時間での取引を行い、投資に参加できるタイミングが少なかったり、またあまり時間を割くことができないという方には長い時間を設けてある取引を選ぶと良いでしょう。

 

ただ、いずれの場合でも一つ憂慮しておくべき点として、短時間決済である場合ではペイアウト率が低く、判定時間まで余裕のある取引ではペイアウト率が高いという傾向があることは理解しておくべきだと言えます。

 

特に少額での申し込みを受け付けている場合などではペイアウト率も低いことから利益も少なくなります。

 

ただし、短時間決済でペイアウトが低かったとしても回数を重ねることで利益を大きくすることはできますので、自分の取引スタイルなどと照らし合わせながら参加しやすいものを選びましょう。