バイナリーオプションに潜むリスク

バイナリーオプションに潜むリスク

FXなど、従来の投資では投資金額を超える損失が発生するというリスクが常でしたが、バイナリーオプションではそうしたリスクはなく、損失が発生したとしても投資金額分だけということが何よりのメリットとして挙げられます。

 

損失額が証拠金を上回ることもないのでリスクヘッジが容易に行えるのは心理的にも大きなメリットとして感じることができるでしょう。

 

 

しかし、一方でその「損失が投じた分だけ」ということがかえってデメリットに変わってしまうこともあります。

 

リスクヘッジとして、損失を管理することができるという感覚でいるつもりでいながら、負け続ける内に予想以上に損失が大きくなってしまっていた、という事態に発展してしまうことがあるのです。

 

損失が膨らまないと思うあまりに、負けた際に熱くなって、またバイナリーオプションでよく言われる「倍々ゲーム」の感覚に陥って負けた額の倍を次の取引で投じるということを繰り返して、損失を続けざまにたたき出してしまうことで、この状態が起こります。

 

あまり好ましい表現とは言えませんが、この状態はカジノなどでのギャンブルでの賭け方に似ているのではないでしょうか?カジノでも「High&Low」という考え方があり、最初に大きく勝とうとし、負けたらさらに大きく出ることで、勝ちに行くテクニックが存在しますが、これは危険な、文字通りの「賭け」ですので、勝てば良いのですが、負けを続けるとどんどん追い込まれることになりかねません。

 

 

何度も言われていますが、投資はギャンブルではなく、資産運用です。

 

博打やギャンブルの感覚で取引を行うべきではなく、相場を分析した上で慎重に慎重を重ねた上で取引には臨むべきなのであって、投資金というものは遊ぶ金ではなく今後自分の資産となるお金です。

 

投資には勝つか負けるかしか存在しない以上、チャートやファンダメンタルな要素から逸脱した考えを持つべきではありません。

 

 

シンプルなシステムが魅力のバイナリーオプションも、裏を返せばシンプルであればこそ、熱くなって我を忘れてしまいやすいというリスクが隠れています。

 

そのことを肝に銘じて、安易で無謀な取引に臨むことのないよう自制する心を持つべきだと言えます。