各証券会社のバイナリーオプション

各証券会社のバイナリーオプション

二者択一というシンプルな取引が魅力のバイナリーオプションですが、取り扱う証券会社によってスタイルが異なっていることが多くあります。

 

各証券会社の特徴を見ていきましょう。

 

 

みんなのバイナリー
トレイダーズ証券のバイナリーオプションはペイアウト倍率20倍、最低投資金額50円からとなっています。

 

所謂バイナリーオプションの最も基本的なスタイルである「High/Low」選択型のスタイルで、最短で10分後の予測をする取引が行えます。

 

非常に手軽に行える投資ですので、資金に乏しい初心者にもオススメと言えるでしょう。

 

 

FXプライム
こちらのバイナリーオプションはスタイルを選択することができるのが特徴です。

 

基本スタイルのHigh/Low選択型である「選べるHIGH・LOW」では一週間後の対象レートが予想レートを超えることでペイアウトが発生するというものになっており、また期限内に予想レートに到達するタイミングがあったかどうかを予測するワンタッチ型の「選べるHIGH・LOWワンタッチ」も用意されています。

 

どちらも一口1000円から受け付けており、期限は一週間となっています。

 

頻繁にトレードに参加できない人にも行いやすいスタイルだと言えるでしょう。

 

 

GMOクリック証券
取引参加は5分ごとに受付があり、15分後の為替が上がっているのか、それとも下がっているのかを予測するHigh/Low選択型のバイナリーオプションを提供しています。

 

自分の参加できる時間、あるいは参加したい時に必ず開催されていますので、参加するタイミングは自由に決められ、また自分の行いたい取引を選ぶことができるのが魅力です。

 

取り扱い通貨ペアは米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円の3種類が用意され、シンプルで予測のしやすいペアが対象となっています。

 

 

FXトレード・フィナンシャル
こちらの証券会社もHigh/Low選択型バイナリーオプションなので、参加してすぐに直感的に取引を行い、またすぐに結果を求める人に最適な環境が用意されています。

 

最低投資金額は1000円からとなっており、期限は最短で5分ごとなっています。

 

 

IGマーケッツ証券
バイナリーオプションと言ったらFXの範疇で行われるのが一般的ですが、こちらの証券会社ではFX以外にも原油や金銀などの鉱石を扱った先物取引、また日計225やTOPIXといった株価指数にもバイナリーオプションが対応しているというのが最大の特徴となっています。

 

ちょっと変わっていますが、おもしろい取引スタイルですので、バイナリーオプションに慣れてきた人にオススメです。

 

取引スタイルはHigh/Low選択型である「ラダーオプション」及び、予想に到達したかどうかを予測する「ワンタッチオプション」の2種類から選ぶことができます。

 

 

このように証券会社によってもバイナリーオプションそのものの取り扱いに差があり、また投資環境も変わっています。

 

どの証券会社が自分に適した環境を提供してくれるのかは、実際に取引をしてみてからでないとわからないことも多いのですが、各社からデモトレードが提供されていますので、それを活用してツールの使用感を初めとする投資環境を味わってみて判断することができます。